FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生成りヌメ革の魅力

006_convert_20081026163320.jpg

初のいいもの紹介です。無印良品の生成りヌメ革財布、税込4,750円です。
一週間前に買ったばかりです。以前はブランド物を使っていたのですが、
最近は、高校生が高級ブランド品を持つようになり、ブランド財布=高校生が持つ物
という印象が強くなったので、使いやすくて、長く使えて、持っていることが楽しくなる
ような財布を探していたところ、無印良品でこの財布に出会いました。

008.jpg生成りヌメ革とは、人口的な染料や塗料で仕上げていない
、自然な状態の革のことです。ヌメ革は、日の光に当てたり
、使い込むことによって、徐々に色が変化していき、最終的
には、上の写真の左のようなアメ色になります。
これは8年ほど前に買ったヌメ革のブレスレットです。
長年愛用していたら、こんなに味のある色になりました。
この財布も、すでに少しずつ色が変ってきています。毎日財布を使うことが、すごく
楽しくなっています。機能性も文句なしです。小銭入れも大きく、カードもお札も
たくさん入り、使いやすいです。欠点をあげるとすれば、初期のヌメ革は、傷や、
汚れがつきやすいということです。しかし、日に当てたり、使い込むことによって、
革がしまり、強度が増していくので、傷や汚れはつきにくくなってきます。
長い目でみれば、傷や汚れも味わい深いものに思えてくるでしょう。



スポンサーサイト

2008/10/25(土) | 日用品 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://jinseitanosiku0707.blog92.fc2.com/tb.php/2-697d9940
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。